筋トレ初心者

【筋トレ初心者向け】筋トレって何をやればいいの?

筋トレ種類

今回は筋トレを始めたいけど、何をやればいいのか?という方に筋トレのやり方と種類を紹介します。

 

記事では

  • 筋トレはどんなやり方があるのか
  • それぞれのメリット、デメリット

について書いています。

 

「筋トレをやりたいけど、そもそも何をすればいいのかがわからない」という人には是非読んでいただきたいです。

筋トレの種類

筋トレといってもいろいろありますが、ざっくり分けると下記の通り⬇️。

  • 自重トレ
  • ウェイトトレーニング(自宅)
  • ウェイトトレーニング(ジム)
  • マシントレーニング(ジム)

上から下にいくほどガッツリと鍛えたい人向けになります。

自重トレ

【筋トレ】自宅でダンベルでできる脚の筋トレメニュー

自重トレは、自分の重さを負荷にするトレーニング。

例えば、腕立て伏せや腹筋を鍛えるプランク、スクワットなど。

 

メリットとしては

  • 道具を使わないから自宅でもすぐできる
  • お金がかからない

デメリットとしては

  • 自重なのでダンベルなどの大きな負荷がかけにくい
  • 全体の部位を鍛えるのは難しい

 

ウェイトトレーニング(自宅)

【筋トレ】自宅でダンベルでできる肩のトレーニング5つを紹介

ウェイトトレーニングはダンベルやバーベルなどの重いもの(ウェイト)を持ち上げたりして負荷をかけるトレーニング

ウェイトトレーニングは、ダンベルがあれば自宅でもできます。

 

メリットとしては

  • 自分のペースでできる
  • 自宅でも鍛えられる
  • ジムの会費などがかからない

デメリットとしては

  • 最初に道具をそろえる時にお金がかかる
  • モチベーションを保つのが難しいかも
  • 道具がある程度の場所をとる
  • メニューはジムに比べると少ない

 

ウェイトトレーニング(ジム)

ジムでのウェイトトレーニングは、ジムが近い、マッチョな人たちが鍛えてるところでモチベーションを上げたい方におすすめ。

 

メリットとして

  • ダンベル、バーベルなどかなりの重さのウェイトが使える
  • 実際にマッチョな人を見ることででモチベーションアップ

デメリットとして

  • 会費がかかる
  • あまりに遠いと続かなくなる

マシントレーニング(ジム)

マシントレーニング

マシントレーニングはジムで行うトレーニングでケーブルなどのマシンを使って行うトレーニングのことです。

メリットとして

  •  各部位を効率よく鍛えやすい

デメリットとして

  •  使い方を覚える必要がある
  •  他の人が使っていると使えない

 

まとめ

筋トレにはどんなやり方があるのか種類について紹介しました。

筋トレといっても、ものすごいマッチョになるだけが筋トレではありません。

 

健康のため、シェイプアップなど人それぞれでいいと思います。

自分の目的、環境にあった方法にぜひ試してみてください。

 

あなたも楽しい筋トレライフを😊!

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

こちらの記事もおすすめ