宅トレのグッズ

宅トレで内ももを引き締めるグッズ3選、【宅トレを続けるコツも紹介】

宅トレで足を引き締めたい人

「宅トレで、内ももを鍛えるグッズのオススメが知りたい。宅トレ初心者だから、できれば手軽にできるものがいいな…。グッズを買ってもちゃんと続けられるか心配…。」

 

こういった疑問に答えます。

 

✔︎本記事の内容

  • 1,宅トレで内ももを引き締めるグッズ3選
  • 2,内もも宅トレグッズが、宅トレ初心者に手軽でオススメな理由
  • 3,初心者が宅トレを続けるための、3つのコツ

この記事を書いている僕は、宅トレ歴が1年ほど。

宅トレグッズを使いつつ、自宅のみで体を鍛えています。

 

最近は、自宅で過ごす時間も増え、運動不足になりがちですね。

とはいえ、ジムに行くにはお金もかかるし、続くかもわからない。

 

そんなときはまず、自宅でのトレーニングから手軽に始めてみるのがオススメです。

1,宅トレで内ももを引き締めるグッズ3選

次の3つです。

  • 内ももエクササイズ
  • La-VIE(ラヴィ) 内転筋トレーニング
  • 内転筋コアエクサ

①内ももエクササイズ

いきなりすみません、このグッズはこれといった商品名がわかりませんでした。

内もものグッズで調べると、結構出てきますね。

 

足の間にはさんで、足を閉じたり開いて内ももを鍛えるグッズです。

✔︎メリットとデメリットは?

 

メリットは下記のとおり。

  • 手軽に使える
  • 内もも以外も鍛えられる

見た目のとおりシンプルで、使い方もはさむだけと簡単。

 

内ももを鍛える他に、手に持って閉じることで胸のトレーニングや

肘ではさんで、二の腕のトレーニングもできます。

 

デメリットは

・バネが結構強め

といった点。

 

使用した方のレビューを見ると、「ちょっとバネが強い」という方もちらほらいました。

逆に言えば「効きそう」ということですね笑。

 

やはり筋肉をきたえるには、ある程度の負荷がないと効かないので

「ちょっとキツイかな」

くらいがいいと思います。

②La-VIE(ラヴィ) 内転筋トレーニング

使い方は、イスに座って内股にはさむだけ。

簡単ですね。

 

あとは足を開く→閉じるをすることで、内ももが鍛えられるというものです。

 

✔︎メリットとデメリットは?

 

メリットは下記のとおり。

  • イスに座ってできる
  • コンパクト

 

イスに座ってできると、まずラクですよね。

 

それに、テレビを見ながらや、トレーニングもできるのでいいですね。

トレーニングのハードルは、できるだけ低いほうが続けやすいと思います。

 

あと、自宅で使うのであれば、できれば場所をとらないほうがいいですよね。

このグッズは、そもそもそんなに大きくないですが、バネを外して折りたためるようです。

 

デメリットは、これといって浮かびませんでした…。

あるとすれば、負荷になれると物足りなくなるのかな?といったところです。

 

そうしたら、鍛えられている証拠なのでOK。

 

③内転筋コアエクサ

こちらも使い方は簡単。

 

のっかって、足を閉じる→開くを繰り返すだけ。

 

そもそも、内ももは足を閉じるときに使う筋肉。

なので、内ももを鍛える場合、基本的にこの動きになりますね。

 

立ってもできますし、ソファに座ってもできます。

 

✔︎メリットとデメリットは?

メリットは下記のとおり。

  • ながらトレーニングできる
  • お腹やお尻にも効く
  • 負荷を調整できる
  • 音も静か
  • コンパクト

 

テレビをみながら、スマホをみながらトレーニングできます。

時間の有効活用ですね。

 

このグッズには、ハンドルがありません。

ハンドルがないと、足を閉じたり開くときにバランスをとるので、お腹やお尻も自然と鍛えられます。

 

また、負荷を調整できるので、初心者の方でも始めやすいです。

自分に合わせた負荷でトレーニングしましょう。

 

自宅でのトレーニングだと「音」も気になると思いますが、このグッズは静音設計されており、だいたい「図書館の中」くらいの音みたいです。

 

あと、使わないときにはベッドやソファの下にしまえるサイズなので、宅トレにはいいですね。

「部屋の中に、どーん!と筋トレ器具があるのはちょっと…」という方にはオススメです。

 

デメリットはあげるとすれば、

・値段

といったところですね。

 

正直、内ももを鍛えるグッズの中では高めです。

 

とはいえ、ジムの月額は安くても7,000円くらいはします。

ジムの会員になって、結局ほとんど行けず月額払うよりは、おうちで毎日、自分のペースでトレー二ングできたほうがいいですね。

 

2,内ももの筋トレグッズが、宅トレ初心者に手軽でオススメな理由

使い方が簡単で「ながらトレーニング」ができるからです。

 

せっかく買っても使い方がわかりにくいと、やる気がでません。

その点、グッズの使い方が簡単であれば、「やろう」と思ったらすぐできるので、トレーニングのハードルが下がります。

 

さらに、先ほど紹介したグッズは、「ながらトレーニング」ができます。

 

例えば

  • テレビをみながら
  • スマホをみながら
  • 本を読みながら

といった感じですね。

 

ジムと違い、自宅には、いろんな誘惑があります。

テレビも見たいし、スマホも気になりますよね。

そんなとき、ながらトレーニングできるグッズは便利。

 

誘惑の多い、宅トレのハードルを下げてくれます。

なので、「ながらトレーニング」ができる内ももの筋トレグッズは、宅トレ初心者にはオススメなんです。

 

3,初心者が宅トレを続けるための、3つのコツ

次の3つです。

  • ながらトレーニングからでOK
  • 行動とセットにする
  • 1回でいいからやる

・ながらトレーニングからでOK

宅トレで効果を出すためには

「続けること」

が何よりも大切です。

 

先ほども書きましたが、内ももトレは、ながらトレーニングがしやすいトレーニングです。

なので「ながらトレーニング」で宅トレを習慣化しましょう。

 

例えば

  • テレビのドラマ見ながら、内ももトレする
  • スマホをでSNSチェックしながら、内ももトレする
  • 大好きな音楽を聴きながら、内ももトレする

といった感じです。

 

もしかしたら

「トレーニングはトレーニングだけでやったほうがいいのでは?」

と思われるかもしれません。

 

例えば、重たいダンベルを上げる」など、重たいものをあつかって、集中しないとヤバい、とかのトレーニングでなければOKです。

 

好きなこともしながら、トレーニングできたほうが続けやすいですし、

習慣化もしやすいですよ。

 

・行動とセットにする

これは先ほどの、ながらトレーニングに近いのですが、

「行動とセットにする」

のもオススメです。

 

例えば下記のとおり。

  • テレビ見る+内ももトレ
  • スマホ見る+内ももトレ

というふうに普段よくする行動とセットにすることで、トレーニングのハードルが下がります。

 

それに普段よくやることだと、まず毎日すると思うのでトレーニングも続けやすくなりますね。

・1回でもいいからやる

 

宅トレが続かない大きな理由として

「完璧にやろうとする」

があります。

 

例えば

  • 毎日1時間やる
  • 毎日30回はやる
  • 毎日3セットはやる

といった感じです。

 

こうやって目標をつくるとだいたい続きません。

そして、できない自分を責めてしまう→やらなくなるという負のループに入ってしまいます(経験アリ)。

 

実際、毎日のように同じコンディションなんてないです。

 

日によって、気分が乗らなかったり、仕事で疲れているときもあります。

まずは1日1回でもいいのでやってみましょう。

不思議と、1回やってみると「もう少しやってみようかな」という気持ちになります。

 

そして1回だったとして自分を褒めましょう。

そうすれば、少しずつできるようになります。

 

完璧主義は捨てましょう。

 

というわけで以上です。

 

いろんなトレーニングがありますが、内もものトレーニングは

グッズも使い方が簡単ですし、ながらトレーニングもできるので

宅トレを始めたい方にはオススメですね。

 

紹介したグッズが気になる方は、ぜひチェックしてみてください。

✔︎内ももエクササイズ

 

✔︎La-VIE(ラヴィ) 内転筋トレーニング

 

✔︎内転筋コアエクサ

 

こちらの記事もおすすめ